人生総合ライフハック図書館

買って良かったもの、健康、お金…生活を豊かにする情報に加え、趣味なども発信するブログです! (↓の「買い物」などのカテゴリ内は、2回タップすると表示されます)

【2022年】1番高性能な掃除機のメーカーが分かりました!【商品比較】

紙パック式とサイクロン式

紙パック要らず!と謳うサイクロン式掃除機ですが、紙パックでやっている吸入したゴミの分離・空気の濾過を機械でやる訳ですから、当然メンテナンスする必要が出てきます。一方紙パックは捨てるだけです。中には「紙パック式はサイクロンと違ってランニングコストがかかる」という方もいますが、フィルターが詰まって掃除効率が落ちることや、ブラシでフィルターをシャカシャカ掃除する時間が必要なことの方がよっぽど問題です。よって、私は紙パック式掃除機をおすすめします。

キャニスターとスティック

スティックタイプの掃除機の中にも紙パックはありますが、吸気を濾過する面の面積が圧倒的に狭いので、どうしてもキャニスター式と比較して吸引力が落ちます。

モーター式とエアタービン式

ヘッドのブラシが電力で回るのがモーター式、吸気によって回るのがエアタービン式です。エアタービン式の方がもちろん安いですが、カーペットのゴミや軽くこびりついたゴミを取ることができ、モーターが回る力を利用して軽く掃除機をかけることができるので、モーター式がおすすめです。

その他

電源コード式とコードレス

紙パック・キャニスターの掃除機の中では、私が探した限りコードレスは無かったのですが一応言及します。確かにコードレスは広い家で一々コンセントの抜き差しをする手間が無くなるので魅力的なのですが、モバイルバッテリーの記事で書いたように、リチウムイオン電池は500回ほど充放電を繰り返すと25%容量が減るので、電源コード式に比べて寿命が短くなります。面倒ですが電源コード式をおすすめします。

www.enjoy-efficient-life.com

 

 

商品比較表

以上を踏まえ、

  • 紙パック式
  • キャニスター式
  • モーター式
  • 電源コード式

の掃除機がおすすめとなります。各メーカーの掃除機を比較した表が以下です。

メーカー 日立 パナソニック 三菱電機 東芝 シャープ
型番 CV-KP90J MC-PJ21G TC-FD2B VC-PK9 EC-VP510
吸込仕事率 620W~約100W 600~約60W 500W~約100W 350W~約20W 320W~約70W
運転音 65~約60dB 65~約60dB 65dB~約58dB 65dB~約61dB 66~約62dB
本体質量(標準質量) 2.7(4.4)kg 2.7kg(4.3㎏) 2.4(3.8)kg 2.3kg(3.7kg) 2.2(3.4)kg
値段 22,345円 19,527円 - 26,558円 -

※1…2022年10月21日のAmazonでの値段

現代となってはコモディティ化が進み、細かい機能には殆ど差が無いため説明を省きますが、吸込仕事率には差が出ているようです。吸込仕事率は日本電機工業会の規格「JEM 1454」で測定方法が決まっていますので、基準になります。

以上の表から、吸引仕事率が最も高い日立のCV-KP90Jをおすすめします。