EELナビ

「買い物」などのカテゴリー内は、2回タップすると表示されます。

【2023年】1番高性能な電気ちりとりのメーカーが分かりました!【商品比較】

フロアワイパーやほうきで集めたゴミを吸い取ってくれる電気ちりとり。シンプルな構造にも関わらず、約4,000~13,000円と価格に大きな幅があります。ご家庭に合った商品を買うためにも、しっかり調べていきましょう!

吸引仕事率

吸込仕事率とは、掃除機の吸引力を表すもので、W(ワット)で記します。高ければ高いほど吸引力があることになります。

紙パック・サイクロン

紙パック要らず!と謳うサイクロン式電気ちりとりですが、紙パックでやっている吸入したゴミの分離・空気のろ過を機械でやる訳ですから、当然メンテナンスする必要が出てきます。一方紙パックは捨てるだけです。

中には「紙パックはサイクロンと違ってランニングコストがかかる」と言う方もいますが、フィルターが詰まって掃除効率が落ちることや、ブラシでフィルターを掃除する時間が必要なことの方がよっぽど問題です。よって、私は紙パック式電気ちりとりをおすすめします。

商品比較表

以上を踏まえ、

  • 紙パック式

の商品に絞って比較していきます。

メーカー CCP シービージャパン
型番 ZN-DP24 MR-05FC2
吸引仕事率 50W 100W
大きさ 311 × 136 × 102mm 200 × 200 × 300mm
重さ 1.4kg 2kg
価格※ 3,864円 11,911

※…2023年9月10日時点のAmazonでの価格です。

 

一見、吸引仕事率が大きいシービージャパンの方が良いように見えますが、構造上の問題があります。最初に言っていることと逆転してしまうのですが、吸い込む風量だけでは吸引力は測れないからです。

掃除機で例えると分かりやすいですが、同じ吸引力でも、掃除機のノズルを浮かせるとゴミはもちろん吸い込めませんよね?つまり、吸い込み口が床に近い方が、また、吸い込み口が小さい方が本当の吸引力は高くなります。

 

今回の2社の商品はどうでしょうか。

CCP

【電気ちりとり】電気ちりとり[ZN-DP24]|株式会社シー・シー・ピー

シービージャパン

https://www.2ndstreet.jp/goods/detail/goodsId/2337650924515/shopsId/31209

 

シービージャパンは吸い込み口が奥にある一方、CCPは吸い込み口が狭く、床に近いですよね?この点から、本当の吸引力はCCPの方が強いと考えることができます。また、先ほどの写真にあるように入り口横のスイッチにフローリングワイパーが触れると自動で吸い込むのも便利です。

よって、価格も安くてコンパクトなCCPのZN-DP24をおすすめします。以上、参考になれば幸いです。