人生総合ライフハック図書館

買って良かったもの、健康、お金…生活を豊かにする情報に加え、趣味なども発信するブログです! (↓の「買い物」などのカテゴリ内は、2回タップすると表示されます)

【2022年】ヨーグルトメーカーの選び方と、おすすめのメーカーを紹介します!【商品比較】

(2022年6月12日更新)

自動メニューの種類、温度調整、温度調整など、メーカーによって大きく異なります。

乳酸菌の効果

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌が体に良いことは有名です。これまでにも様々な論文が執筆されています。

www.nyusankin.or.jp

自宅で簡単にヨーグルトが作れる!

しかし、一食買うと約100円前後するヨーグルト。毎日食べると考えるとやや高価。その点、ヨーグルトメーカーを使って自宅で作れば非常に経済的です!

4人家族で1カ月、120食分の場合、以下の通りコストは約1/5になると試算をしている会社もあります。

f:id:enjoy-efficient-life:20201016202612p:plain
YOGURT MAKER ヨーグルトメーカー - Vitantonio ビタントニオ

 

そこで私も実際に買ってみました!

f:id:enjoy-efficient-life:20201016185658p:plain

 

ヨーグルトを入れた1Lの牛乳パックを入れて、9時間程度温めるだけで、こんな感じのヨーグルトになります。少し柔らかめですが、味は完全にヨーグルトでびっくりしました。

f:id:enjoy-efficient-life:20201016185858j:plain

 

商品比較表

それでは、どこのメーカーの商品がおすすめでしょうか。実際に比較しました!

メーカー Vitantonio アイリス
オーヤマ
東京企画販売 エムケー精工 dretec
型番 VYG-30 IYM-013 TKSM-020 YA-200W YM-100
自動メニュー
・プレーン × ×
カスピ海 × ×
・甘酒 × ×
塩麹 × × ×
時間調整(h) 1 ~ 99 1 ~ 48 自動メニューのみ 1 ~ 48 1 ~ 48
温度調整(℃) 25 ~ 70 25 ~ 65 自動メニューのみ 25 ~ 65 25 ~ 70
重さ 810g 630g 816g 950g 745g
価格※ 5,350円 3,780円 3,100円 3,780円 2,927円

※…2022年6月12日時点のAmazonでの価格です。

結果、以下の通り、目的に応じて買う商品が異なることが分かります。

初心者向け

4つの自動メニューがあり、温度調整もできるアイリスオーヤマをおすすめします。

上級者向け

時間は99時間まで、温度も70℃まで温めることができるVitantonioをおすすめします。

おすすめの作り方

「でも、混ぜる道具を殺菌して混ぜて洗って…面倒じゃない?」と二の足を踏む方も多いと思います。その点、私のやり方なら「洗い物なし・1分」で終わります!

まず使う牛乳はこちら、よつ葉牛乳です。

f:id:enjoy-efficient-life:20201016200229p:plain

 

理由は、注ぎ口がキャップになっている、唯一の1L牛乳だからです。ただ1つ言うと、通常の牛乳の価格です。私はよつ葉牛乳の味も好きで、ヨーグルトメーカー関係なく、普段からこれを買っていますが、割高と感じる方は普通の牛乳をお選びください。

f:id:enjoy-efficient-life:20201016200643j:plain

 

そしてもう1つ用意するのが、ドリンクタイプのヨーグルトです!

f:id:enjoy-efficient-life:20201016195925j:plain

 

もうお分かりですね?これを注いで、キャップを締めて振るだけで、最初の画像のようなヨーグルトが完成します!

以上、参考になれば幸いです。