EELナビ

「買い物」などのカテゴリー内は、2回タップすると表示されます。

オーストラリアを始めとする、平均年収が高い国への海外移住のメリットとデメリット

オーストラリアでの就労を志す日本人が増えている理由として、賃金の高さは確かに大きな要因です。しかし、オーストラリアで働くことには他にもさまざまなメリットに加えて、デメリットもあります。以下にそれらをまとめます。

 

 

メリット

高賃金

平均賃金の比較

オーストラリアの平均賃金は日本よりも高いことが多いです。例えば、技術職や医療職、IT関連の職種では特に高い給与が期待できます。また、最低賃金も高いため、非専門職でも相応の収入が得られます。

給与の透明性

多くの企業が給与情報を公開しており、賃金体系が明確です。交渉の余地もあるため、能力や経験に応じて高い給与を得ることが可能です。

生活の質

自然環境

美しいビーチ、豊かな自然公園、快適な気候などが生活の質を向上させます。アウトドア活動が豊富で、余暇を充実させる環境が整っています。

公共サービス

医療、教育、公共交通機関などのインフラが整備されており、生活の利便性が高いです。特に公立学校の教育水準は高く、子育て世代にとって魅力的です。

治安

一般的に治安が良く、犯罪率が低いため、安全に生活できます。

多文化環境

国際的な職場

多国籍な同僚と働くことで、異なる文化や価値観に触れる機会が増えます。これにより、国際的な視点を持つことができ、グローバルな人脈を築けます。

文化交流

多様な文化イベントやフェスティバルが開催されており、異文化理解を深める場が多いです。日常生活でも多様な食文化や芸術を楽しむことができます。

英語力の向上

英語環境

英語が公用語であるため、日常生活や職場で自然に英語を使う環境が整っています。英語力を飛躍的に向上させる絶好の機会です。

語学教育

多くの語学学校やコミュニティカレッジで英語コースが提供されており、目的に応じて学習プランを選ぶことができます。

 

 

デメリット

ビザの取得と労働条件

ビザの種類

オーストラリアには多くのビザ種類があり、それぞれに異なる条件が課せられます。例えば、スキルドビザやワーキングホリデービザなどがあり、申請プロセスや要件は複雑です。

労働制限

一部のビザでは労働時間や業種に制限があり、自由に働けるわけではありません。また、ビザの更新や永住権取得も難易度が高いことがあります。

生活費

高額な住宅費

シドニーメルボルンブリスベンなどの主要都市では、住宅費が非常に高額です。賃貸物件の価格も高いため、十分な収入があっても家賃負担が大きくなることがあります。

物価

食品、公共料金、交通費などの日常生活費も高めです。特に外食や娯楽にかかる費用が高いため、節約を心掛ける必要があります。

文化的適応

言語の壁

英語が得意でない場合、言語の壁が大きなストレスとなることがあります。特に専門的なコミュニケーションや社会的な交流が難しくなる可能性があります。

カルチャーショック

文化や習慣の違いからくるカルチャーショックも避けられません。異なる価値観や生活スタイルに適応するためには時間がかかる場合があります。

遠距離

家族・友人との距離

日本からの距離が遠いため、家族や友人との交流が難しくなります。特に緊急時にはすぐに帰国できない場合もあるため、心理的な負担が増えることがあります。 

航空費用

帰国や家族の訪問には高額な航空費用がかかるため、頻繁な往来が難しくなります。

 

オーストラリアでの就労には多くの魅力があり、特に高賃金や生活の質の高さは大きなメリットです。しかし、ビザの取得や生活費の高さ、文化的適応の難しさなどのデメリットも考慮する必要があります。自身のキャリアやライフスタイルに合った選択をするためには、これらの要素を総合的に評価し、準備をしっかりと行うことが重要です。オーストラリアでの生活や労働環境について事前に十分な情報を収集し、現地での生活に適応するための計画を立てることをお勧めします。

 

この記事を基に1つ作り話を書きましたので、面白いと思ったらシェアしていただけると嬉しいです。

note.com