人生総合ライフハック図書館

買って良かったもの、健康、お金…生活を豊かにする情報に加え、趣味なども発信するブログです! (↓の「買い物」などのカテゴリ内は、2回タップすると表示されます)

【バッファロー vs IODATA】買うべき格安NASが決まりました!【商品比較】

(2022年6月19日更新)

以前の記事で、Synologyが最もおすすめだということを書きました。しかし、私の提案通りに組むと約5万円(外の箱で3万円、HDD2枚で2万円)と高価です。

そこで今回、もっと安価なNASが欲しいと言う声にお応えし、3万円以下でおすすめのNASを紹介します。

おすすめのベイ数

各メーカー共通の基本事項について触れておきます。まず、ベイ数について、下のリンクの中で書いているように、RAID1という方法でバックアップが取れるように、2ベイがおすすめです。

f:id:enjoy-efficient-life:20200902172616j:plain
RAID | NAS | データ復旧のマイクロハード株式会社

www.enjoy-efficient-life.com

おすすめの容量

先に言うと、今回比較するのはバッファローIODATAの2社です。安い理由は、スペックを抑えていることに加え、2社ともHDDを内蔵して販売する、いわゆる抱き合わせ商法をしているためです。(中身のHDDは交換できます。)その結果、どちらのメーカーを購入するにしても、HDDの容量まで決めないといけません。

おすすめの容量について、価格コムでは以下のように説明されています。

写真や文書など比較的小さなサイズのファイルを扱う場合、1TBモデルでも十分ですが、高画質動画など大容量のものをたくさん保存する場合は、それに応じた容量が必要になります。
価格.com 失敗しない! ハードディスク・HDD(3.5インチ)の選び方

 

旅行や家族の動画なども保存してシェアすると言った場合は、万全を期して2TB以上から始めてみてはいかがでしょうか。

それでは比較に入ります。最も重要な機能である、外出先からNASへ簡単にアクセスできる機能は、2社とも備わっています。

バッファロー

f:id:enjoy-efficient-life:20200902175725p:plain
LS720D0202 : ネットワーク対応HDD(NAS) | バッファロー

IODATA

f:id:enjoy-efficient-life:20200902175831p:plain
LAN DISK(HDL2-AAXWシリーズ) | 法人・企業向けNAS(Linuxベース OSモデル) | IODATA アイ・オー・データ機器

 

ハイエンドモデル比較(2TBモデル)

メーカー Buffalo I-O DATA

機種

LS720D0202

HDL2-AAX2W
CPU 不明 Marvell Armada382 Dual Core 1.33GHz
メモリ 不明 512MB

書き込み速度

180.9MB/s(RAID1のとき) 不明
読み込み速度 260.7MB/s(RAID1のとき) 226.6MB/s
ドライブベイ
USBポート USB3.0…3個

USB3.0…1個、2.0…2個

保証 1年 3年(内蔵HDDのみ1年)

価格※1

26,410円 31,949円

※1…2022年6月19日のAmazonでの価格です。

Buffaloが、CPUはヘキサコアとだけ、メモリの記載は一切無かったため不明ですが、それでも、書き込み速度、読み込み速度、USB3.0ポートが3つと、主要な項目の数値が高いため、現在はBuffaloをおすすめします。

以上、参考になれば幸いです。

LS720シリーズの紹介

2TBモデル(RAID1…1TB)

4TBモデル(RAID1…2TB)

6TBモデル(RAID1…3TB)

8TBモデル(RAID1…4TB)

12TBモデル(RAID1…6TB)

16TBモデル(RAID1…8TB)