人生総合ライフハック図書館

【金曜19時更新!】買い物、お金、健康…生活を豊かにする情報に加え、トライアスロンや趣味も発信するブログです! (↓の「買い物」などのカテゴリ内は、2回タップすると表示されます)

まだ進化するの!?今年のハンディファンが凄すぎる!

昨年大ブレイクしたハンディファン。値段が高い割に事故の危険性もあり、扇子の方がオススメだという記事を書きました。しかし先日、価格から機能まで大幅改善されていて衝撃を受けました!そんな成長率の高い商品を今回紹介します。

手動なら「ダイソー」がおすすめ!

2,000円台が普通のハンディファンの中で、たった200円で売っているのがダイソーです。一見、普通のハンディファンなんですが…実はこれ手動なんです!

f:id:enjoy-efficient-life:20200701231018p:plain

具体的には、ここのボタンを押すとファンが回ります。押せば押すほど回る優れもの。仕組みは自転車と似ているかもしれません。

f:id:enjoy-efficient-life:20200701231853j:plain

昨年の記事でも書いたのですが、昨年の電動ハンディファンの問題点は

  • 風が弱いこと
  • 発火事故が起こっていること

の2点でした。昨年の事故に関する多くの記事が消えていますが、当時は下記のような記事が乱立していました。

kaden.watch.impress.co.jp

そういった事故を受けて「扇子の方が安全だし、涼しいのでお勧め」という趣旨を書いた昨年の記事がこちらです。

www.enjoy-efficient-life.com

ダイソーのハンディファンは手動なので、少なくとも事故は防げますし、電池が要らないので場所を選びません!

しかし、ボタンを押す指がかなり疲れますし、その割に風も弱いので、実用的じゃないと感じました。やはり、同じダイソーなら、風が強く、疲れにくい扇子がお勧めです!特に今年は多くのデザインがあります!以下の写真はほんの一部です。

f:id:enjoy-efficient-life:20200702185819j:plain

 

電動なら「多目的ハンディファン」がおすすめ!

「それでも腕が疲れるのは嫌だし、仰ぐ姿が美しくないから、風が弱くてもハンディファンが欲しい!」

という声もあると思います。そこでお勧めなのがこちら、アイリスオーヤマのハンディファンです。

1、圧倒的安さ!

どのメーカーも2000円前後しますが、この商品は1000円しませんので、他メーカーの半額です!

2、電池でもUSBでも使える!

ワンシーズンだけ使う商品ですが、充電池だと電池が劣化し、一年後全く使えなかったことはありませんか?その点電池だと、入れ替えるだけなので安心です。

更に、充電は出来ませんがUSB接続も可能で、モバイルバッテリーでも動きます!これが充電池の役割を果たしますから、実質、かなり長い時間使えます。

もちろん、モバイルバッテリーがあれば充電式のハンディファンも充電できますが、その場合「充電→使用」までの時間のロスがありますし、スマホ同様、充電しながらの使用は発火の危険性が高まります。

f:id:enjoy-efficient-life:20200701231912j:plain

3、ファンの角度を調整してあらゆる使い方が可能!

スタンドだけでは直立のみですが、下記の公式動画のように様々な角度に曲げられます。

www.youtube.com

4、ライトまで付けられる!

この真ん中の部分が光ります!真っ暗な中で使うとこれくらい。夏祭りや花火大会で落とし物をした時などに最適です。明るさを2段階調整できますので、必要に応じて変更可能です。

f:id:enjoy-efficient-life:20200701232216j:plain

フランフランが一番って本当?

昨年特に話題になっていたフランフランですが、比較した結果、ざっと以下の通りです。

  アイリス フランフラン
値段

¥800

¥1,980

風力・騒音 測定不可 測定不可
風量調整 2段階 5段階
電池 電池or給電 充電池
ライト ×
ストラップホール 1 3

もちろん、フランフランのメリットも多いですが、やはり女性向けメーカーという感じです。トライアスロン色黒アラサー男の私には、アイリスオーヤマの方が向います。具体的に、以下の内容が率直な感想です。

  • ただでさえ暑がりなので、5段階あっても常に風量MAX
  • お洒落も気を使っておらず、首さげ一択なので、ストラップホールも1つで十分
  • 傘も高頻度で無くすため安物しか持っていない。同じくハンディファンなら安くて十分

終わりに

以上、扇子とおすすめのハンディファンの紹介でした。個人的には、事故の可能性があることは事実なので、せっかくの夏に悲しい思い出が出来ないように、

「扇子とハンディファンの二刀流」

が最適かな、と思いました。

今日の名言