人生総合ライフハック図書館

時事、節約、健康、遊び、恋愛…あらゆるライフハック情報を発信します。

【全性能比較まとめ】Garmin ForeAthlete 935 と 945の違い

f:id:enjoy-efficient-life:20190604164153j:plain
ついにGarmin ForeAthleteシリーズの新製品の発売が決定しました。今回は新旧のハイエンドモデルである、Garmin ForeAthlete 935 と 945の違いを全てまとめました。 

はじめに

この記事では具体的な機能については説明していませんが、私は245を買い、共通する機能についてレビューしており、935と945の差以外については参考になると思いますので、読んでいただけると幸いです。

※かなり長文です

www.enjoy-efficient-life.com

新カテゴリーの追加

バッテリーや今まで備わっていた各機能も勿論進化していますが、そもそも無かったジャンルが新たに誕生しました。まずはそちらを紹介したいと思います。

安全および追跡機能

一部のアクティビティ中の事故検出機能 あり(要スマートフォン
アシスタント あり(要スマートフォン
ライブイベント共有 Android のみ

詳細な説明はされておりませんが、公式ページに以下の記載がありました。

セーフティ機能には事故検出機能(一部のアクティビティ中)と援助要請機能が含まれており、両方の機能から緊急連絡先3 に今の場所をリアルタイムで送信できます(スマートフォンBluetooth接続状態である必要があります)

ForeAthlete 945 | スポーツ・フィットネス | 製品 | Garmin | Japan | Home

加えて、935の紹介ページでは「トレーニング、計画、分析機能」に記載されているLiveTrack、グループLiveTrack機能が「安全および追跡機能」に移動していました。

ジム & フィットネス機器

ジムアクティビティプロフィール 筋トレ、カーディオ、Xトレーナー、ステッパー、フロアクライム、室内ローイング、ヨガ
有酸素ワークアウト  
筋トレ  
REP カウント  

今までランニング、バイク、トライアスロンなど様々なアクティビティに対応してきたハイエンドモデルですが、今回ついにジムでのトレーニング用の機能が搭載されました。

その他の性能の比較

基本機能

製品名 ForeAthlete 935 ForeAthlete 945
レンズ素材 ガラス Corning Gorilla ガラスDX
ベゼル素材 繊維強化ポリマー 繊維強化ポリマー
QuickFit™ウォッチバンド 対応可能(22mm) あり(22 mm)
ストラップ素材 シリコン シリコン
サイズ 47 x 47 x 13.9 mm 47 x 47 x 13.7 mm / 外周:130-220 mm
ディスプレイ 直径1.2インチ(30.4 mm) 直径1.2インチ(30.4 mm)
解像度 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル
ディスプレイタイプ 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP)
重量 49 g 50 g
稼働時間 Smartモード:最大2週間 スマートウォッチモード:最大14日間
レーニングモード(音楽再生+GPSモード+光学式心拍計):約10時間
GPS/HRモード:最大21時間 レーニングモード(GPSモード+光学式心拍計):約32時間
UltraTrac™モード:最大44時間 ウルトラトラックモード:約50時間
防水等級 5 ATM 5 ATM
カラー表示
内蔵メモリ/履歴 64 MB 200 時間分のアクティビティデータ

ガラスについて、メーカーのページで以下のように説明されてます。

Gorilla Glass DX、Gorilla Glass DX+いずれも標準的なガラスと比べて表面反射率を75%向上させるとともに、同じ画面の明るさの条件下で、表示コントラスト比を50%アップさせ、ディスプレイの可読性を高めています。光学的透明性に関するこれらの改善は、バッテリーの長寿命化にも貢献します。

コーニング、Corning® Gorilla® Glass DXおよびCorning® Gorilla® Glass DX+を発表

935にある以下の記載が無くなっていますが、省略しただけと思われます。

ケース素材 繊維強化ポリマー
バッテリー 充電式リチウム電池

 

センサー

945のみについている機能

Galileo

新しい衛星を利用したGPSのようですが、他社のブログで従来のものとの違いについて述べられていましたので紹介します。

今回のテストではGALILEOを使った方が精度が良かったですが、計測時の気象条件や場所や時間帯によっても変動しますので、あくまでも参考程度にとどめて頂いた方がいいと思います。

ガーミンフェニックス5のGPS設定でGLONASSとGALILEOのどちらの精度が高いか検証してみた - しげちゃんのアクティブライフ2ndステージ

デイリースマート機能

945のみについている機能

テキスト応答/テキストによる電話拒否 Android のみ)
スマートフォン音楽再生操作  
ミュージックプレーヤー  
音楽保存可能数 最大1000曲まで
Garmin Pay  

昨年発売した645で初めて発表された音楽機能及びGarmin payがつきました。

Garmin Pay非接触型決済ソリューション2 を使ってウォッチで便利にショッピング。現金やカードを持ち歩く必要はありません。

ForeAthlete 945 | スポーツ・フィットネス | 製品 | Garmin | Japan | Home

935のみについている機能

ミュージックコントロール
Face It™ウォッチフェイスクリエイター

この2つが無くなりましたが、前者はミュージックプレーヤーに変わったとして、後者については記載がありませんでした。

ライフログ機能

945のみについている機能

フィットネス年齢 あり(アプリ内)
Body Batteryエネルギーモニター  
ストレスレベル計測  

Body Batteryエネルギーモニターについて調べると、地味に凄い機能であることが分かりました。

ボディバッテリーエネルギーモニターとは?
ボディバッテリーとは、心拍変動、ストレス、アクティビティなどのデータを使用して予備エネルギー量を測定できる機能です。この機能は1から100の数字でユーザーのエネルギーレベルを表示します。

数字が高いほど、アクティビティを実行するためのエネルギーが高いことを意味します。数字が低いほど、エネルギーを温存することを推奨します。ボディバッテリーの独特性とは、数時間から数日にわたるユーザーのエネルギー全体像を構築できる累積メトリックであることです。

 

ボディバッテリーの重要性は?
ボディバッテリーは、ユーザーの一日の管理に役立ちます。数値が高いと、ユーザーがワークアウトやエクササイズを行うのに充分なエネルギーを持っていることを意味します。

反対に数値が低いと、体力を温存して休憩することをお勧めします。また体がさまざまな状態や刺激にどのように反応するかの指標にもなります。例えば朝起きてもボディバッテリーが低い数値を示す場合、過去数日間の累積測定値を参考に原因を推測することができます。

機能と特性:Body Batteryのよくある質問 | vívosmart® 4 Black Slate Lサイズ | Garmin サポートセンター

つまり、蓄積されたデータから、現時点であなたにどれだけエネルギーが残っているかを確認することができ、エネルギーが低いときは運動することを避けたほうがいいことを提案する機能のようです。今まで歩数計はついていたものの、基本運動時にのみつけるForeAthleteシリーズでしたが、今後は文字通りライフログを取るために毎日付けるものになるでしょう。

ストレスレベル計測もとても有意義なものになるでしょう。

ストレスレベル機能搭載機種では、ユーザーの心拍変動に基づいて現在のストレスレベルを判断することができます。
ストレスレベル計測は、心拍間隔を見極めるためにデバイスの心拍数データを使用します。
心拍間隔の可変時間の長さは、身体の自律神経系によって調節されています。
心拍間隔が小さいほど(心拍が高い)、ストレスレベルは高くなります。

各デバイスでのご使用方法は操作マニュアルを参照してください。

機能と特性:ストレスレベル計測について | Garmin サポートセンター

ストレスを心拍数等から推定し、可視化することで、ストレス発散のために運動することを心がけたり、ミスを防ぐために重要な判断を避けたり、ストレスの影響が出そうな対人コミュニケーションをなるべく避けるといった選択も取れそうです。持病がある人は頓服の精神安定剤を飲む指標にもなるでしょう。

 

レーニング、計画、分析機能

945のみについている機能

インターバルトレーニング
手動ラップ
書熱と高度への適応
レーニング負荷バランス
主なメリット(トレーニング効果ラベル)
音声指示
レース
Strava機能(Beacon、ライブセグメント)
ラウンドトリップコース作成(ランニング/サイクリング)
人気度に基づくTrendlineルーティング
ウォッチのアクティビティ履歴
Physio TrueUp

本業のスポーツに関する機能についてはより細かいものがつき、より正確に調整できそうです。

レーニング負荷について、以下のように説明があります。トレーニングステータスは、最近のエクササイズ履歴とパフォーマンス指標を自動的に評価して、生産的にトレーニングしているか、ピークに達しているか、あるいは過剰にトレーニングしていないかを知らせます。

ガーミンオンラインストア | 商品詳細 ForeAthlete 245 Music White Black

935のみについている機能

アクティビティ履歴  
オーディオアラート  
フィットネス年齢 あり(アプリ内)
マニュアルラップ  
自己ベスト(ラン、サイクリング、スイム)  
バイブレーションアラート  

以上の機能が無くなりましたが、あまり利用率が高くなかったのでしょうか。

心拍計機能

945のみについている機能

呼吸速度(エクササイズ中) あり(要互換アクセサリ

935のみについている機能

HRストラップ互換性 あり(ANT+®とBluetooth® Smartセンサー)

HRストラップ互換性については心拍転送モードに記載がありましたので、おそらく945では記載を省いたものと考えます。

ランニング機能

935のみの機能

レーニングレベル

ゴルフ機能

945のみについている機能

世界中の41,000以上のゴルフコースがプリロード済み
オートコースビュー更新

ゴルフコースについては以下の動画をご覧ください。


【操作方法】Garmin Golf:ゴルフアプリ使用方法

935のみについている機能

場所の保存(今後の利用のためにスポットをマーク)

アウトドアレクリエーション機能

異なる機能

機能 ForeAthlete 935 ForeAthlete 945
アウトドアレクリエーションプロフィール(プリロード) ハイキング、クライミング、スキー、スノーボードXCスキースタンドアップパドルボート、ボート、屋内ボート、ジャンプマスター、タクティカル  ハイキング、登山、スキー、スノーボードXCスキー、SUP、ローイング、カヤック

ボート、屋内ボート、ジャンプマスター、タクティカルが無くなり、ローイング、カヤックが追加されました。

945のみについている機能

コースナビゲーション
Around Meモード
ClimbPro 登行プランナー
今後の高度プロット
プリロードされた地形図
地図のダウンロード機能
XERO位置

935のみについている機能

Bread crumb Track(ブレッドクラム・トラック)
ストームアラート

サイクリング機能

945のみについている機能

Garminサイクルマップ(サイクリング専用ルート設定の道路地図)
高度なベクトルサポート

サイクルマップは非常にいい機能だと思います。今までは自転車で通れる道を確認できなかったので、自分で確認するしかありませんでした。

935のみについている機能

インターバルトレーニング
Strava機能(Beacon、ライブセグメント)

スイム機能

945のみについている機能

ドリル練習計測

935のみについている機能

プールラップ認識
自動インターバル
スイム上級機能(時間/距離アラート、個人記録、カウントダウンスタート、高度レストタイマー)

その他:共通する機能

以上、異なる機能について記載しました。以下では参考までに共通する機能について述べて終わりにしたいと思います。参考になれば幸いです。

時計機能

時間/日付
GPS時間同期
自動サマータイム設定
アラーム
タイマー
ストップウォッチ
日の出/日没時刻

センサー

センサー
GPS
GLONASS
みちびき(補完信号)
Garmin Elevateリスト型心拍計
気圧高度計
コンパス
ジャイロセンサー
加速度計
温度計

デイリースマート機能

接続機能 Bluetooth、 ANT+、Wi-Fi
Connect IQ (ダウンロード可能なウォッチフェイス、データフィールド、ウィジェット、アプリ)  
通知機能  
カレンダー  
天気情報  
スマートフォン探索  
バイス探索  
VIRB 操作  
スマートフォン互換性 iPhoneAndroid
Garmin Connect Mobile  

互換性について、以下のスマートフォンである必要があります。

Androidの必要動作環境*
5.0 OSまたは以降のバージョン
Bluetooth 4.0または以降のバージョン


Appleの必要動作環境
iOS 10.0 または以降のバージョン
iPhoneiPadiPod touchとの互換性あり

ライフログ機能

ステップ数
ムーブバー(一定期間動かないとデバイスに表示。数分歩くことでリセット)
自動ゴール設定(アクティビティレベルを学習して、歩数目標を毎日設定)
スリープモニタリング(合計睡眠時間、レム睡眠、ノンレム睡眠を監視)
消費カロリー(心拍ベース)
上昇階数
移動距離
週間運動量
TrueUp
Move IQ

レーニング、計画、分析機能

GPS速度と距離
データページのカスタマイズ
カスタマイズできるアクティビティプロフィール
自動ポーズ
ワークアウト
ダウンロード可能なトレーニングプラン
自動ラップ
設定可能なラップアラート
VO2Max
レーニング ステータス(トレーニング履歴とフィットネスレベルのトレンドを追跡することでトレーニングの有効性をみる)
レーニング負荷 (予測EPOCから算出された過去7日間の合計トレーニング負荷)
レーニング効果(有酸素)
レーニング効果(無酸素)
カスタマイズできるアラート
到着予想時間
パーチャルパートナー(Virtual Partner)
自動マルチスポーツ
マニュアルマルチスポーツアクティビティ
コースガイド
セグメント(ライプ、Garmin)
タッチ/ボタンロック
ショートカット
自動スクロール

 心拍計機能

心拍ゾーン  
HRアラート  
HRカロリー  
最大心拍%  
% HRR  
リカバリータイム  
自動最大心拍数  
HRVストレステスト(静止状態での心拍数の変化を3分間測定して予測されるストレスレベルを表示。測定範囲は1~100で数値が低いほどストレスレベルは低い) あり(要互換アクセサリ)
スイム中の心拍数を記録 あり(要HRM-Tri またはHRM-Swim)
心拍転送モード(ペアリングしたデバイスにANT+を介してHRデータを送信)  

ランニング機能

ランプロフィール ランニング、室内トラックラン、 トレッドミルラン、トレイルラン
GPSベースの距離、時間、ペース  
ランニングダイナミクス あり(要互換アクセサリ)
上下動と上下動比 あり(要互換アクセサリ)
接地時間とバランス あり(要互換アクセサリ)
歩幅(リアルタイム) あり(要互換アクセサリ)
ピッチ(リアルタイムの1分あたりの歩数)  
パフォーマンスコンディション(6~20分のラン後、リアルタイムのコンディションと平均フィットネスレベルを比較)  
乳酸閾値 (ペースと心拍数に基づき筋肉が急速に疲労しはじめるポイントを予測) あり(要互換アクセサリ)
ランワークアウト  
レース予想タイム  
フットポッド  

ゴルフ機能

グリーン(フロントエッジ/センター/バックエッジ)までの距離  
レイアップ/ドッグレッグまでのヤード数  
ショット距離を測定(コースの任意の場所からのショットのヤード数を正確に計算) 自動
デジタルスコアカード  
追跡開始(ストローク数、ラウンド毎パット数、グリーン・フェアウェーヒット数)  
Garmin AutoShot  
マニュアルピンポジションのグリーンビュー  
危険およびコースターゲット  
TruSwing互換性  
ラウンドタイマー/走行距離計  

アウトドアレクリエーション機能

2地点間ナビゲーション  
スタート地点に戻る(Back to start)  
トラックバック  
UltraTracモード  
高度プロフィール  
目的地までの距離  
Storm Alertによる気圧変動インジケーター  
トレイルランオートクライム  
昇降速度  
上昇/下降合計  
BaseCampとの互換性  
GPS座標  
目標のウェイポイント  
サイトナビ  
面積計算 あり(Connect IQを使用)
狩猟と釣り あり(Connect IQを使用)
太陽と月 あり(Connect IQを使用)
デュアルグリッド座標  

サイクリング機能

サイクリングプロフィール(プリロード) バイク、屋内バイク、マウンテンバイク
コース(過去のアクティビティと競争)  
イクラップとラップ最大パワー(パワーセンサー付き)  
レース  
時間/距離アラート(ゴールに達するとアラームが鳴る)  
FTP(機能的体力閾値 あり(要互換アクセサリ)
Vector™との互換性(パワー計)  
パワーメータ互換性(互換性のあるサードパーティのANT+™対応パワーメータからパワーデータを表示)  
Varia Vision™(ヘッドマウントディスプレイ)との互換性  
Varia™レーダー(リアレーダー)との互換性  
Varia™ライトとの互換性  
スピードケイデンスセンサー (ANT+®とBluetooth® Smartセンサー)

スイム機能

スイムプロフィール プールスイム、オープンウォータースイム
プールスイム指標(時間、距離、ペース、ストロークカウント/レート、カロリー)  
泳法の識別(自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ)  
スイム効率(SWOLF)  
プールスイムワークアウト  
オープンウォータースイム計測(距離、ペース、ストローク数/距離、カロリー)  
心拍数(休憩時の心拍数をリアルタイムで取得、休憩時のインターバルとセッションの統計情報、水泳後の心拍数の自動ダウンロード) あり(要HRM-Tri またはHRM-Swim)